Pocket

google-485611_640

こんにちは、内山です。

 

今日は

 

 

・アカデミックな話
・インデックスの更新頻度(参考)
・キーワード選定の背景の話

 

 

以上、3点でお届けしたいと思います。

では、スタート!

 

 

 

◆【SEO対策】Fetch as Googleを使うとすぐにインデックスされるのか?。他2点。

 

 

 

<アカデミックな話>

 

 

Fetch as Google

 

 

まずはこれが

「そもそもなんすか?」

って人は
「Fetch as Google とは?」で
検索して調べてみて下さい。

 

 

 

簡単に言うと

・Google Search Console(旧Webマスターツール)

に登録すると活用できる
インデックス促進サポート機能です。

 

 

 

で、今日はFetch as Googleのお話しなんですが

 

 

自分の保有するサイトで
今年の頭から作成したものなんですが、
1日5~10記事くらいぶっこんで
毎日更新させているサイトがありまして、

 

 

 

Google Search Consoleに登録して
経過を見ている最中なんですが
十数ページくらいインデックスされていない
記事があったんですね。

 

 

 

インデックスされていない
=検索エンジンの世界に存在しない

 

 

 

って扱いになるので
これはもう「もったいない」な、と。

 

 

言ってしまえば、
ペナルティ食らっていた方が
まだマシですからね。笑

 

 

 

で、Fetch as Googleって機能を使うと
インデックスされていないページの
インデックス促進を促してくれるので
そんじゃやりましょ!ってな具合で
Fetch as Google使ってみたんですが、

 

 

 

Fetch as Google使ったら
直ぐにインデックスされるもんだと
思ってたら全くそんなことは無くて、

 

 

 

「あー、こりゃ不勉強でしたわ。」

 

 

ってな気持ちだったんですが

 

 

 

 

『Fetch as Google すぐにインデックスされる?』

 

 

 

で検索かけて調べてみたら
色々と紹介しているサイトが出てきて
要は、

 

 

●「Fetch as Google」はあくまで
“すぐに検討、判定してください”という
リクエスト送信をするだけのもの

ということだそうです。

参考:【SEO】「Fetch as Google」はすぐにインデックスするものではなく、リクエスト送信をするだけのものです
http://s-supporter.hatenablog.jp/entry/seo-fetch-as-google-request-only

 

 

で、
昨日Fetch as Google使って
リクエスト出してみたので

 

 

せっかくですから

 

 

・どれくらいでインデックスされのか?

 

 

ちょっと実体験してみて、
分かった結果をこの場で
シェアしていこうと思ってます。

 

 

なもんで、結果がわかったら
またお伝えしますので
今しばらくお待ちくださいませ。

 

 

昨日の今日でのデータとなりますが
1,2記事はすでにインデックスされていて
それ以外はまだインデックスされてませんでした。

 

 

記事内容とかにも
よるんだろうなー、とは思ってますが
引き続き経過を見てわかり次第
フィードバックしてみますね。

 

 

 

<インデックスの更新頻度(参考)>

で、次に
自然にインデックスされるペースの話。

 

 

これは手短にですが、
今回の例に挙げたサイトの更新ペースで
どれくらいの頻度で記事が
インデックスされるようになるのか?です。

 

 

これは記事更新して3,4日中には
インデックスされてました。

 

 

・ドメイン取得
・サイト立ち上げ
・記事を毎日更新(1日5~10記事)
・2ヶ月ほど更新中

 

 

 

 

記事更新して
3,4日中にはインデックス。

 

 

こんな感じみたいです。

 

 

 

一概には言えないけど一つの目安として
ご参考にしていただければ、と。

 

 

 

 

<キーワード選定の背景の話>

 

 

で、最後に

キーワード選定の「背景」の話。

 

 

 

 

これは何かっていうと
今回せっかく自分で
キーワード選定して情報を探そうと、
経験したわけですから
選定したキーワードを分解して

 

 

・人はどういう背景のもとキーワードを選定(検索)していくのか?

 

 

ってことを
振り返ってみようかな、と。

 

 

 

で、早速ですが、
今回のキーワードはこちら

 

 

 

Fetch as Google すぐにインデックスされる?

 

 

 

 

・Fetch as Google
⇒調べたい対象物(サービス)の名称

 

・すぐにインデックスされる?
⇒調べたい(知りたい)状態・状況

 

 

 

これを、
さらに分解すると

 

 

 

・すぐに
⇒そうあってほしい、という希望・願望

 

 

・インデックスされる?
⇒調べたい(知りたい)状態・状況

 

 

大雑把ですが、
分解するとこんな感じ。

 

 

 

つまり、

 

 

 

 

名称

+調べたい(知りたい)未来の状態・状況

+そうあってほしい、という個人的な希望・願望

 

 

 

 

人がキーワードを検索するときは
こんな感じでキーワードを打ち込んで、
「悩みを調べ・解消しよう」と
考えるケースがあるわけですね。

 

 

 

 

ってなると、この理論で
アフィリ的なキーワード選定を行った場合。

 

 

 

 

この場合「名称」が
わかっているケースなので

 

 

 

 

名称=商品(サービス)名

 

 

 

となりますね。

 

 

 

商標
+調べたい(知りたい)未来の状態・状況
+そうあってほしい、という個人的な希望・願望

 

 

 

 

 

仮にダイエット商品で
「内山ダイエットA」
なんてものがあったとしたら

 

 

 

 

内山ダイエットA
+効果ある
+すぐに

 

 

 

 

こんな組み合わせになるだろうから

 

 

 

 

・内山ダイエットA すぐ 効果ある

 

 

 

 

こんなキーワードなら
検索されそうかな?と。

 

 

 

 

 

以上、本日は3本立てで
お送りしてみました。

 

 

 

最後の
キーワード選定の背景の話は
完全に雑談なんだけど。笑

 

 

 

こういったことを積み重ねていくと
キーワード選定力は確実に上がるし、

 

 

 

検索の背景を考えるのって、
“稼ごう”とした際に
非常に大切なポイントになるので
たまにこういったことも書いてみます。

 

 

 

自分の練習もあるけど、
キーワード選定で悩んでいる人は
参考にしてみて下さいね。

 

 

 

では、本日はこの辺で!

 

 

 

内山