Pocket

 

problem-449364_640

こんにちは、内山です。

 

今日は夕方から
自分がお手伝いしている
アフィリ塾の塾生さんを
数名お連れしまして、

 

現在めちゃ売れている
アフィリ案件を取り扱っている
とある広告主さんの本社へ

 

訪問&勉強会の予定があるので、
普段より早めに書いてます。

 

 

会社訪問に合わせ、
服装も普段よりちょいと
パリっとした仕様で
準備してますので

なんか変な気持ちです。笑

 

 

ということで、
本日も自分の頭の棚卸しを含めた

 

「稼ぎ方特集」第5弾!

 

 

・アクセス解析で成約ワードをあぶりだせ!より効果的に稼ぎたいならね。

 

というお話をみようと思います。

 

では、早速スタート!

 

 

◆アクセス解析で成約ワードをあぶりだせ!より効果的に稼ぎたいならね。

 

 

「アクセス解析」

 

ってありますよね?

 

 

設置することで該当のサイトの
アクセス状況を解析してくれるもの
(そのまんまですが。笑)

 

・どれくらいアクセスあるの?
・どんなキーワードでアクセス来てるの?
・滞在時間はどれくらい?
・どんなページ遷移してるの?

 

などなど。
解析してくれるものです。

 

 

で、これをサイトに設置して
そのサイトがどんな状況か?を
しっかりと分析しましょうね、

 

というお話しです。

 

 

どの業界でもそうですが
売上ってしっかり分析して

 

「なんで売れたのか?」

 

 

「見える化」

 

することが必須です。

 

 

・なんとなく売れた、

 

ってなると、
もう一度その売上を
達成させようとした時に

 

・どうしていいか?

 

がわからなくなります、

つまり

 

・売り上げるための再現性

 

 

が持てないんですね。
これが無いと

 

 

「なんとなく売れた~」を
ずっと続けることになりますし、
(これ、不安でしょ?)

 

 

・もっと改善するためには?

という、
今後の改善案を打ち出すことも
出来なくなるわけです。

 

特にネットの世界なんて
基本的には

 

 

・数字の世界
・確立と統計の世界

 

 

つまり、ゴリゴリの

「ロジックの世界」ですからね。

 

解析・分析という要素は
非常に大切なんです。

 

 

 

さて、
そんなアクセス解析、

 

・何をどう解析すべきか?

 

というのが大切で、

 

 

便利であるからこそ
色々解析出来ちゃうし、

 

色々出来ちゃうからこそ
何していいのか?と
迷うことになっちゃうし、と。

 

一旦考え出すと
ホントにこんがらがっちゃうので
まずはシンプルに

 

 

・成約キーワード

 

 

これをあぶりだすことだけに
アクセス解析を活用すればOK!

だから活用の流れもシンプルに、

 

 

▼なにかが売れた

▼売れた商品の日時を確認

▼その日時に来ていたキーワードを確認。

▼成約キーワ―ドを割り出す。

 

 

まずはこれでOK。

 

 

成約ワードをあぶりだしましょう。

 

 


最近ではASPによっては
売れたページを表示してくれる
「リファラ機能」もあるので

 

それが活用出来るASPのようでしたら

そちらもご利用いただくと良いかと思います。

 

成約ワードがわかると

 

 

・どのキーワードでお金になるのか?

 

がわかるので、結果、
そのキーワードをもとに
もっとお金を増やす施策が
もろもろ打ち出せるようになります。

 

 

なもんで、
非常に大切なわけです。

 

 

 

◆キーワードがあぶりだせない時は?

 

さて、その一方で
アクセス解析を設置しても

 

 

・キーワードがあぶりだせない

 

というケースもあります。

 

 

これは検索エンジンの仕様の問題で
そのようになっていることもあるからです。

で、

「この場合はどうするか?」というと

 

 

・成約した日時にアクセスがあったページを割り出して推測

 

です。

 

 

「推測」というくらいなので
100%のことはわからないです。

 

 

ですが、該当ページを見て

 

どんなキーワードで来たのかな?

 

ということの推測は出来ますので
「推測する」というクセをつけましょう。

 

推測の仕方は人それぞれですが
まずやるべきは以下の2つ

 

 

1、ページの設計図を見直す
2、ページタイトルから推測

 

 

 

1、ページの設計図を見直す

 

最初にサイトを作ったときに

 

このページはこのキーワードで
狙ったページとして作成しよう。

 

といったことを
考えているかと思いますので
それを見直していただき

 

 

・設計してときに想定していたキーワード

 

これが検索されたキーワードではないか?
と、推測をしてキーワードをあぶりだしましょう。

 

 

 

 

 

2、ページタイトルから推測

 

タイトルはSEO上重要な要素となります。

ということは、言い換えると
タイトルに含まれているキーワードが
検索して引っかかる可能性が高い、
ということが言えます。

 

 

この考えのもと
アクセスが来たページの
ページタイトルを見て

 

 

・おそらくこんなキーワードだろうな?

 

と、推測をしてキーワードをあぶりだしましょう。

 

 

 

 

以上の2点ですね。

 

 

「推測作業」って
ゴールが明確なものではないので
けっこう疲れるし面倒なんですが

 

その分、やっている人も少ないので、

やっている人だけが頭一つ抜け出せる

「チャンス」でもあります!

 

ぜひ、取り組んでみましょう。

 

 

 

◆まとめ

 

さて、最後にですが、

解析ってホントに複雑で
細かいこと言えばキリが無いくらいで
他の方法ももちろんあるし

 

 

こうやった方が~、って
思えることも多々あると思います。

 

 

で、それを知っている人は
それやっていただければOKで、

 

 

・今回お伝えした方法がパーフェクトな解答だ!

 

なんてことを
言うつもりもありません。

 

 

ただ、解析ってやり過ぎると
こんがらがるだけで疲れるし、
今回お伝えした方法だけでも

 

 

・売上をアップさせる

 

 

という目的には
十分に力を発揮してくれるので
個人的にはシンプルに
これで十分と判断してます。

 

 

解析は基本的に

 

 

“面倒”な作業です。

 

 

面倒だからこそ
やらない人も多いし

 

 

面倒だからこそ
どうやるんだろう?って
勉強しようって人も
割と多かったりします。

 

 


やっている風でも
実は客観的にみると
なんとなく眺めているだけで
活用できていない
(=勉強していない)

 

ってケースはよくあります。

 

・・・僕もそうでしたけど。苦笑

 

 

そんな面倒だからこそ
「敢えてやる」のが大切で、
それが報酬拡大に
繋がってくるわけです。

 

 

別にやらなくてもよいし
やらないといけない義務はない、

 

 

でもやらない人は稼げないし
やらない人で稼げていている人、
僕は見たことないです。

 

 


また、アフィリに限らずですが
ネット上の広告・マーケティングに
少しでも足突っ込んでいる
人や企業さんに共通して

 

「解析」「分析」は

 

どこも100%やっています。
というか、

 

「やることが当たり前」

 

の世界です。

 

 

稼ぐ必要が無いのなら
こんな面倒なことは
やらないでもOKですが、

 

 

稼ぎたいならやりましょう!

 

 

面倒だけどやりましょう!!

 

 

これはほんと間違いないので!!!

 

 

 

では、今日はこの辺で。

 

 

内山

 

 

 

P.S

ちなみに
アクセス解析の話をすると
必ず聞かれるのが

 

・どのアクセス解析使えばいいの?

 

という質問ですが。

 

・アクセスのあったページ
・アクセスのあったキーワード
・アクセス数

 

これらがわかるものなら
正直どれでもOKで、僕は

 

「グーグルアナリティクス」

 

を活用しています。

 

なんとなくこれが
慣れているし見やすいから
ってだけの理由です。笑

 

 

 

P.P.S

何度も言う様に解析って
めんどくさいです。笑

 

しかも、

 

「わかりにく」

 

かったりもします。

 

 

なもんで、
なにか気になることあれば
お気軽にお問い合わせくださいな。

 

お問い合わせはこちら
http://www.getintosailing.com/inquiry/