Pocket

social-networks-912808_640

 

こんばんは、内山です。

 

 

明日は、とある方から
アフィリのコンサル依頼を受けているので
コンサルを実施しに出かけてきます。

 

 

晴れるといいなぁ。。。

 

 

ということで
早速本日の本題を!

 

今日はキーワード選定に関してです。

 

 

◆【自分の経験値を生かす!】キーワードの分解と要素の分析がキーワード選定に生きる理由。

 

 

 

・キーワード選定

 

 

これに悩む人ってかなりいますよね?
まぁそれもそのはずです。

 

 

一番大切なところですからね、
一番大変なはずなんですよ、

 

 

ってことは

 

 

“悩む人が多い”ってわけです。

 

 

サイトアフィリを行っていれば
これはごく自然なこと。

 

 

で、キーワード選定の磨き方とか
色々なマニュアルやら
なんやらあると思うんですが

 

 

一番いい勉強になるのは
キーワードを打ち込む人が目の前にいて、
それを常時チェックできる環境に
自分が身を置くこと、ですよね?

 

 

。。。。うん、

 

 

わかると思うけど
無理だよね、それ。

そんなことやってたら
マジでストーカーもんですから。笑

 

 

でもそんな時に
一番の「生データ」を
見せてくれる人が
身近にいるのをご存知でしたか?

 

 

そう、

 

 

「自分」です。

 

 

自分で検索言葉って
意外と無意識に検索して
そのままスルーってなことが
多いはずなんですよ。

 

 

こんな仕事(アフィリエイト)していない限り
キーワードがどうのこうのって
意識する事なんてないと思うんで。

 

 

でも、そこであえて
意識してみるんです、

 

 

・どうして自分がこんな検索をしたのか?

って。

 

 

この積み重ねは
非常に良い経験値になります。

 

 

例えば、内山。

 

本日、仕事のレポートをまとめるべく
「ワード」をを活用していたんですが

 

 

フォントは「メイリオ」が好きなんですね。

 

 

で、メイリオにして
ワードを書いたことある人なら
多分同じことを思ったハズ

 

 

・メイリオで書くと行間がめちゃ空くから詰めたい!

 

 

って。笑

内山もその一人。

 

 

ってことで
こう検索してみました。

 

 

・ワード 2013 メイリオ 行間 縮める

 

 

これを分解します

 

 

ワード 2013 ⇒副主語

メイリオ ⇒主語

行間 ⇒悩みの元

縮める ⇒悩みを解決したい思い

 

 

そしてもう一つ言うなら
「4語キーワード」という事実。

 

 

主語に対してどんな悩みがあって、
その悩みをどのように解消したいのか?

 

 

ってことが
このキーワードに詰まっています。

 

 

これをアフィリ的な
観点で例を考えると

 

 

【例1】
リバラントという会社が出している
お嬢様酵素という酵素ドリンクの場合。

 

 

リバラント

お嬢様酵素

ダイエット

速攻

 

 

 

 

 

【例2】※副主語なし
ニキビケア商品の
プロアクティブの場合

 

 

プロアクティブ

顔ニキビ

消したい

 

 

 

 

 

こんな感じに分解できます。

 

 

商品名(メインキーワーワード)を軸として
その周りに悩みや悩みの解消法などが
盛り込まれるイメージです。

 

 

キーワード打ち込む時って
こんな感じで打ち込むことが
ままあると思います。

 

 

ってことは
こういった構造を理解したうえで

 

 

「どのようにキーワード選定をするか?」

 

 

この頭に切り替えれば
良いキーワード選定が徐々に
出来るようになってくるワケです。

 

 

こんなように
自分自身の検索したワードを

 

 

「なんで?」

という視点から分解していくと
折尾ろな発見が出てきます。

 

 

キーワード選定にお困りの際は、
ぜひこのように「自分」を良い教材と見立てて
キーワード選定のヒントを探っていってくださいね!

 

 

では、今日はこの辺で!

 

 

内山