Pocket

business-561388_640

 

こんにちは、内山です。

先日、税理士さんと
打ち合わせをしてた際に
税務署の話になって

=税理士さん=

税務署から届く資料って、
たまに同じ資料をダブって送ってきたり、
すごいタイムラグがあって
「いまさら?」という
タイミングでられてきたり

そんなことがあるよ。
お役所仕事なのかねぇ?汗

(ここまで)

みたいなことを話されてて
僕はこの辺の事情は疎いので

「ホントにそんなことあるのかな?」

ってな具合で
軽く考えていたんですが、
つい先日、税務署から
既に対応したハズの資料が届いて

おや?と。

その翌日くらいに
税務署から連絡がきて

「すいません、先日お届けした資料、ダブって送ってしまいました。破棄して下さい。汗」

って!

ものすごく申し訳なさそうな声で
連絡が届きました。。。ホントにあるんだね。苦笑

さて、本日の本題です。

【購入客アクセスの集め方】「アフィリエイトに関係ない」ところから集める。

サイトアフィリをしてると
どうしたって

「アクセス集め」

気になると思います。

まぁ、成約すればそれが第一なので
アクセス数なんて個人的には
二の次だったりするんですが 笑

といってもアクセスが無いよりは
有る方が良いと思いますし、
更に言えば

・購入してくれるお客さんからのアクセス

を増やせれば
それに越したことはないですよね?

で、

購入客のアクセスを求めるなら
購入系のキーワードで集めるのが
ベタですが着実なやり方です。

(例)
該当商品名+販売店
該当商品名+店舗
該当商品名+通販
該当商品名+割引

みたいなキーワードを絡めて
アクセスを集めるイメージ。

ただ、こういったキーワードって
該当商品が人気であればあるほど
これらの手段を講じる人、
つまり「ライバル」が増えてくるので、

最終的にはライバルとの
パワーや資金勝負になってきて
疲弊してシンドイ思いをします。

パワーや資金があるなら
真正面からぶつかっていくのもアリです。
それで十分なリターンが得れるなら
こういった力技勝負に持ち込みましょう。
シンプルだし、やりやすい。

でも、こういった
資金やパワーを潤沢に
抱える事が出来ない人の場合は

・一ひねりした考え方

というものを
駆使していくのがベターです。

で、それが何か?というと

・アフィリエイトに関係ない
商品・サービスからアクセスを集める

ということ。

上述したように
ライバルが増えてくるってことは
それが売れるから皆がこぞって
集まってくるわけですよね?

だから必然的にパワー勝負になり
SEO対策なんかもガンガンで
お金とパワーを駆使した
「力技勝負」に発展してしまうわけです。

これは致し方が無い。

だって稼げるんだもん、
そりゃみんなやりたいでしょ?笑

でも上述したように

・アフィリエイトに関係ない
商品・サービスからアクセスを集める

これをやると、そもそも
アフィリエイトプログラムとして
存在しないんだから
取り組む人がほぼいない。

つまり、
ライバルスカスカの状態で
取り組む事が出来る。

ここまでは
なんとなくわかりますよね?

ただ、これだけだと
そもそもそんなプログラムにも
内容なサイトを作ったって、
お金にならないでしょ?

なので、そのサイトで
本来紹介したかった商品を
紹介してあげるわけです。

で、この時のコツとしては
物のテーマである

・アフィリエイトに関係ない商品・サービス

これについて
批判はしないということ。
あくまで褒めてあげましょう。

ただね、これ
どんな商品・サービスでも
共通して言えることなんですが

この世の中、
日本だけでなく世界中含めて、

・全ての人に納得される
・全ての人の効果のある

そんな商品やサービスなんて
存在しないんですよね。

そんな万能薬みたいなものがあったら
恐らく世界規模でニュースになり
ノーベル賞をとって、誰でも知っている
そんなことになっているハズです。

で、そんなもんはございません。笑

どんな優れた商品やサービスでも

・それが自分には合わない

という層が
一定数は出てくるんです。

こういった層に対して
僕らが「提案」をしてくんです。

要は、

商品A(アフィリプログラム有り。狙っている商品)
商品B(アフィリプログラム無し。)

こんな2つの商品があったら
商品Bでアクセスを集めて、

・でもこの商品Bに含まれる○○という成分は、
■■の人には合わないので、
■■の人は「商品A」の方が効果的でおすすめです!

なんて紹介してあげたら
かなり親切な提案だし
信頼性も得ることが出来そうでしょ?

こんな感じで提案をしてあげることで
該当の商品をアフィリすると
ライバルも少なく、変なパワー勝負を避けて
成果を得ることができるようになります。

上述した

(例)
該当商品名+販売店
該当商品名+店舗
該当商品名+通販
該当商品名+割引

これらのキーワードを
商品Bで取り組んで
最終的には商品Aを提案してあげる。

これで

・アフィリエイトに関係ないトコロから、
購入してくれるお客さんからのアクセスを集める

が完成します。

・ライバルが多い
・パワー勝負はめんどくさい

なんて思う方は
ぜひお試しくださいませ。

では、今日はこの辺で!

内山

P.S

もし、今日の取り組みを
実際に取り入れるなら
上述したように、

>・アフィリエイトに関係ない商品・サービス
>
>これについて
>批判はしないということ。
>あくまで褒めてあげましょう。

これについては
ホントに気を付けてね。

僕は以前過激にやりすぎて
とある会社からお叱りを
受けたことがあるので。苦笑