Pocket

h4

こんにちは、内山です。

 

ここ最近でお伝えしている
内山の無料教材

 

・キーワード無双(改)
http://uchiyama-affili.com/add/musoukai4/

 

もうすぐキャンペーンが終了するので
(あと2日です)よろしければ、
お手に取ってみてくださいね^^

 

では、本日はそんな
“キーワード”に関して
書いてみたいと思います。

 

では、早速!

 

 

◆どちらが“稼ぎやすい?”。一般ワードvs商標ワード

 

・一般ワードと商標ワード

改めて違いを書くのもなんですが、
例えば

  • 一般ワード→スマホ
  • 商標ワード→iphone6

とか

  • 一般ワード→高級腕時計
  • 商標ワード→ロレックス

とか

  • 一般ワード→育毛シャンプー
  • 商標ワード→スカルプD

 

といった違いとなります

 

なんとなくわかるかな?

 

 

 

で、アフィリをする際に

 

・一般ワードと商標ワードで、
 どちらの方が“稼ぎやすい”?

 

ということを
考えることってあるワケです。

 

で、先にお伝えすると

「商標ワードの方が稼ぎやすい」です。

 

 

だからといって

 

 

商標キーワード=最高!

 

 

って極端なことではなく、
一般ワードももちろん良いのですが

 

・“それぞれに特性がある”

 

ということと、
今回は

 

・“稼ぎやすさ(難易度)”

 

という点で
お話しをしているので、

 

そういった意味では
「商標の方がおすすめ」ですよ、
という意味合いです。

 

これは改めてその理由を
紐解いていくとわかると思います。

 

 

↓↓詳しく解説↓↓

 

 

商標と一般キーワードを
それぞれの特徴をもとに分類すると

 

【商標】

●メリット

  • すでに興味を持っている人が
    アクセスしてくる(=興味・関心度合が強い)

 

  • 結果、購入されやすい。
    (興味ない人はアクセスしないわけですから)

 

  • 興味ある人への紹介は楽。
    難しいライティングテクニックを使わなくても
    とりあえず該当商品の販売ページに
    誘導してあげれば、それだけで売れる可能性が高い。

 

  • キーワードが商標がらみなので
    ある程度絞って考えることができるから
    取り組みやすい

 

●デメリット

  • 該当商品を知らない人からは
    全くアクセスが来ない

 

  • 知名度分のアクセスしか来ないので
    売り上げ見込みもある程度限定される。

 

 

【一般ワード】

●メリット

  • 商品を知らなくともその「ジャンル」に
    興味がある人からのアクセスが来るので
    アクセスの絶対母数が商標よりも大きいため
    商標以上の売り上げ見込みが期待できる。

 

●デメリット

  • そのジャンルに興味のある人がアクセスをしてくるが、
    具体的な商品を検討する「前」段階の人がアクセスをしてくるので、
    商標と比べて興味・関心度合が低い可能性がある。

 

  • 購入させるまでにある程度のライティングテクニック
    (初めての人でも説得・納得させる文章の書き方)が、必要。

 

  • キーワードが無数にあり過ぎるので
    選び方が難しい(失敗する可能性が高い、職人技の世界)

 

  • メリットを知っている超強力な
    ライバルアフィリエイターがゴロゴロいるので
    そのフィールドで戦うのはマジでシンドイ。汗

 

 

(ここまで)

 

 

ざっくりですが

分類するとこのように分かれます。

 

それぞれに特徴があり、
それぞれにメリット・デメリットがあります。

 

 

で、大雑把に言うと、

一般ワードって売れる規模でいえば

商標より高い可能性を秘めていて

もちろん魅力的なわけですが、

 

その分、

 

 

  • そもそも関心度合が薄いところからの
    スタートになり

 

 

  • ライティングテクニックが必要で

 

 

  • 熟練のキーワード選定スキルが必要で

 

 

  • 強力すぎるライバルが沢山いるので
    それに太刀打ちできる環境が必要

 

 

この辺の前提があり、
それらを満たす必要があるんですよ。

 

で、これが全部用意できるなら
こっち攻めてください。やるべきです。

 

 

でもこれらが用意できないなら
実力が付くまではちょっと控えて
「商標」を狙ってみましょう。

 

 

で、一方の商標ワードを
大雑把に解説すると

 

 

  • 関心度合が高いユーザーだけに
    アプローチが出来る

 

  • 雑な文章でも売れやすい
    極論、誤字脱字とか会ってもOKレベル。
    (※事実、誤字脱字サイトでも売れてる。笑)

 

 

  • 一般ワードに比べて
    キーワード選定の幅が
    絞り込まれるので取り組みやすい

 

 

なんですよ。

一応、商標のデメリットで

 

 

  • 知名度分のアクセスしか来ないので
    売り上げ見込みもある程度限定される。

 

ってなことも書きましたけど

“月数万、数十万”くらいなら
商標で十分狙えるので
(それ以上もいくけど。笑)

 

個人的にはそれくらいの規模間でも
十分“オイシイ”と思ってます。

 

 

ということで、
商標ワードと一般ワードを
それぞれ分類・解説してみました。

 

 

自分のレベルをかんがみて
取り組むべき方を選び、
実践してみると良いかと思います。

 

 

で、ここ最近紹介している
内山がリリースした

 

 

・キーワード無双(改)
http://uchiyama-affili.com/add/musoukai4/

 

これは「商標ワード」での
取り組み方についてもろもろまとめています。

無料で。笑

 

 

大きなスキルや経験が無くとも
取り組み方次第で稼ぎにはつながるよ、
というテーマで「商標ワード」を
ベースにして解説していますので

 

本日の内容をもとに
商標に取り組んでみようかな、と
お思いの方には使い勝手が
良いかと思いますのでおすすめです!

 

 

そういう方は、
ぜひお手に取ってみて下さいね^^

 

 

・キーワード無双(改)
(キャンペーンは残り2日です。)

http://uchiyama-affili.com/add/musoukai4/

 

 

では、今日はこの辺で!

 

 

内山