Pocket

acb7fc869d039d604f148874b12e2bef_s

こんばんは、内山です。

遂に本日で旧住まを
完全に離れるようになり、

やっと新居にもデスクが届いたので
仕事できる環境が整ってきました。

心機一転これからも頑張っていかねば!
と、思うとともに、
やっぱり長年すごしたお家なので
引き払うとなると寂しいもんですね。

ちょっと泣きそうでした。笑

では、早速本日の本題へ!

“評価を受けやすい”記事の書き方(ライティング)とは?

サイトに書く「記事」ですが、
どのように書けばよいのか?と
悩むこともあるかと思います。

記事の書き方~、なんて言いうと
ライティングが~、といったように、
テクニック的なことを先行して
考えてしまう人もいたりしますが

正直、そんなもんは二の次です。

もちろん、無いよりも有った方が
イイに決まってるんですが、

・それよりも大切なこと、

もしくは

・せっかくライティングテクニックを
持っているのにもかかわらず、
意外と抜け落ちてしまっていること、

というのがあります。

それが「自分の意見(主張)」です。

これはアフィリエイターさんには
多い現象の一つといえますが、

“とりあえず記事を書いておく”

が優先になってしまうケースが多く、
内容もそれに併せて

・どこにでもあるような上っ面だけの内容

こんな感じに
なっていることが往々にしてあります。

というか、僕もそうでした。苦笑

上っ面だけで中身が無い・薄い記事は
見る人からすれば面白くもなんともないですから
評価しようとしません、

見る人が評価しようとすらしないのであれば
検索エンジンも評価してくれません。

検索エンジンが評価してくれないと
僕らには報酬が入ってきません。泣

ということで、ではどうやって、
書くのが大切か?というと、

「自分の意見(主張)を盛り込む」こと。

もちろん、自分の意見ですから
見る人によって評価は分かれます。

良いと思う人、悪いと思う人
出てくると思います。

でも、それでいいんです。

自分の意見がそのサイトとしての
「サイトカラー」であり、サイトのカラーが
サイトの「オリジナリティー」になるわけですから。

検索エンジンはオリジナリティーのある
サイトを評価するっていうのはよくある話で、
だからこそ、自分の意見を盛り込むのは
結果としてオリジナリティーを演出できるようになるわけです。

ライティングテクニックなんかは
そのあとのお話ですのですし、
最悪、意見や主張が述べられていて

あとは日本語文章として読みやすく書いていれば
“アフィリで稼ぐ”という点では
それだけでも十分にこと足ります。

せっかくなら気持ちのこもった
文章書いて、情報発信した方が
やりがいも出るでしょうし

自分の意見を書いた方が
作業も楽しかったりします。

変に堅苦しくもならないしね。

記事作成でお悩みの際は
参考にされてみてください。

では、今日はこの辺で!

内山