Pocket

ecaf524e96195af536ce486c70357f78_s

こんばんは、内山です。

 

GWの中休み的なタイミングですが
いかがお過ごしでしょうか?

 

今日はアフィリではないですが
サイト分析のコンサルをさせて頂いている、
とあるクライアントさんのサイトと
SEO評価のお話しについて。

 

では、早速スタート!

 

◆【ユーザーファースト】相手の求める内容を伝えよう

 

サイト分析のコンサルをさせて頂いている、
とあるクライアントさんのサイト、
狙っているキーワードで

 

13位→8位まで上がってきました。(期間は一ヶ月ほど)

 

わりと強めのワードなので
じみーに嬉しいです、いえーい!笑

 

ということでここで大切なのが
「何をしたか?」なんですが

 

 

・記事更新

 

ただそれだけです。

 


内部リンクや内部調整などは
こまごまありますが、一番はこれです。

 

 

被リンクは送ってないので
自作自演は無し、また記事更新といっても

 

 

・何記事で~
・何文字で~

 

といった考えもなし。
でも更新してたら上がる上がる。笑

 

まぁ、言ってしまえば
これが“普通”なわけです。

 

 

・何記事で~
・何文字で~
・被リンク何本で~

 

なんて話しているのって
SEO業者かアフィリエイター
くらいのものですからね。汗

 

 

じゃあ、アフィリサイトでも
それが出来るのか?っていうと
出来る場合と出来ない場合があります。

 

 

今回順位が上がった一番の要因は
周りのライバルサイトの強弱はあれども

 

  • 独自性が強く、狙っていキーワードに
    マッチしている内容のサイトが
    真面目に更新(=成長)をしてきたから

 

 

狙ったキーワードに対して
適切な答えを持ったサイトが
こまめに良い情報を発信しているわけで、

 

結果としてユーザーのニーズを
満たしているわけですから

 

 

そんな良質なサイトを検索エンジンが
放っておくわけないです。そりゃ、
自然と上位に引っ張り上げてくれるわけです。

 

 

>じゃあ、アフィリサイトでも
>それが出来るのか?っていうと
>出来る場合と出来ない場合があります。

 

 

と、書きましたが、
例えば商標系で取り組んでいる人は
この手の現象を起こすのは難しいです。

 

 

一番オリジナルのサイトは
「本体サイト」なわけですから、
極論それさえあれば他は別にいらないので。

 

 

となると、後追いで
同じテーマでアフィリエイターが作ったサイトは
評価されるのが難しいんですね。

 

 


もちろん無理ではないのですが、
それこそ本体サイトよりも
良い情報を流していくようにしないといけません。

 

 

 

 

 

となると
商標単体で上げるには
先ほどお伝えした

 

 

・難しいけど、本体サイトよりも良い情報を発信する
・自作自演で被リンク送る

 

というのが手っ取り早いし
可能性として高いワケです。

 

 


なもんで、商標単体よりも
商標+●●の複合キーワードで
攻略していった方がやりやすいんですよね。

商標単体は元のサイトがオリジナル1番ですが
商標+●●であれば、そのキーワードにおいての一番は
オリジナルとは限らなくなってくるので。

 

 

 

 

では、一方で上述した状態、

 

 

>でも更新してたら上がる上がる。笑


>まぁ、言ってしまえば
>これが“普通”なわけです。

 

 

こちらを
アフィリエイターが引き起こすには
どうするのがやりやすいか?というと、

 

 

 

・一般ワードを狙ったサイトで攻略していく、

 

という流れですね。

 

 

一般ワードなら自分のサイトが
1番のオリジナルとなりうる可能性があるからです。

 

 

だから更新していればいいくらいで
被リンク送らなくてもOK。

 

 


もちろんユーザーが満足できる
“良い記事内容”である必要はありますが。

 

 

 

 

 

こんな感じですね。

 

 

どちらにせよ共通して言えるのは
狙ったキーワード(キーワード)に対して
ユーザーが満足してくれる記事を書けば
評価はされる時代ではある、ということ。

 

 

ともすれば
チカラ込めて作成しているサイトがあれば、
定期的に文章の見直しなどして
随時ブラッシュアップしていくよう
サイト作成に取り組んでいくと
後々良い結果(評価)がいただけるので

 

 

記事の作り方や記事内容には
ある程度こだわりをもっておいた方が
「得」すると思います。

 

 

ご自身で保有されるサイト、
定期的に見直してみて

 

 

 

・ユーザーが求める答えを提示できているか?

 

 

 

こまめに見直してみましょう!

 

 

では、今日はこの辺で!

 

 

内山