Pocket

writing-1170141_640 (1)

 

こんばんは、内山です。

 

 

とりあえず最近は
バタついてます。汗

 

 

サイトアフィリ頑張ったら
自由な時間が取れてまったりと~、
って想像してたんですけどね。笑

 

 

時間の使い道が下手なのか?
なんだかんだで
自由な時間があっても

 

 

・自由過ぎて逆に飽きた、

 

という、
しょーもない経験もあるので
これくらい忙しい方が
性に合っているのかもしれないです。苦笑

 

 

とまぁ、
そんな内山がバタバタしながらも
5時間51分もかけて何をしていたか?
ちょっと書いてみます。

 

 

◆【記事タイトルの作り方】5時間51分で35個でした。

 

 

5時間51分で35個

「記事タイトルづくり」ですね。


厳密に言えば、
それにともなうキーワード選定も少々。

 

 

選定したキーワードに対して
記事タイトルを練るわけですが
これがまぁ結構シンドイ作業で、
35個作るのにこんな感じの
時間がかかってました。汗

 

 

タイトル作り終わった後は、
マジで死んだようにぐったりと。汗

 

 

とはいっても

記事タイトルって
“超”重要ですので
ある程度はしょーがないかな、と。

 

 

検索エンジンで
なにかしら検索して
最初に見るのが

 

 

【 記事タイトル 】。

 

 

ってことは、
ここで全てが決まるわけですから

手を抜きたくても抜けないよ、と。

 

 

記事タイトルの付け方なんてものは、
アフィリエイトみたいな

 

 

「対検索エンジン」

 

 

の仕事であれば
「●●の手法」を覚えなきゃ!
とかって、あんまり
気にしないでいいかな?と、

個人的には思っています。

 

 

なんでかっていうと
検索エンジン上に答えがあるから。

 

 

これがなにか?

っていうと、

 

 

例えばだけど

 

 

「赤ニキビ」

 

 

って検索してみるのさ。


別に赤ニキビに意味はないよ、
たまたま、顔に赤ニキビがあったから
例題に挙げただけですから。笑

 

 

で、「赤ニキビ」って検索すると
検索エンジンで出てくるのが

 

 

赤ニキビの治し方

とか

赤ニキビの原因

とか

赤ニキビにはオロナインが~、

とか

 

 

こんな感じの答えが
出てくるわけですよ。


2016年2月22日現在

 

 

赤ニキビとは?

とか

赤ニキビの症状について

といった

 

 

「赤ニキビ」単体の説明ではなく

「赤ニキビの治し方」に関する記事が
上位に表示されているわけです。

 

 

ってことは何か?っていうと

 

 

「赤ニキビ」

 

 

ってキーワードに対して
検索エンジンは
「赤ニキビの治し方」関係の情報を
上位に表示をしたがっている、
ということが想定できるわけです。

 

 

検索エンジンはユーザーに対して
見やすい・使いやすいように
日々改善されていってるわけだから、

 

 

上位に表示をしたがっている、

 

 

それはすなわち

 

 

ユーザーの需要を満たしている


ユーザーが読みたがっているであろう、
と検索エンジンが考えてそうしている。

 

 

ってことが想像できます。

 

 

ってことは
これから赤ニキビについて
記事を書くのであれば

 

 

赤ニキビの“治し方”を
テーマにした記事を書けば良いわけです。

 

 

もちろん、
上位サイトの内容をパクるのはNGだし
パクった内容なんてもんは、
検索エンジンから嫌われちゃうだけなので
そんなことしてもしょーもないだけないんですが

 

 

・大筋のテーマ

 

 

としては“治し方”にした方が
少なくとも検索エンジン寄りだし、
(=検索エンジンに評価される可能性が高まる)

 

 

多くの方(人間)からも
好まれやすい(ニーズを満たしている)

 

 

ってことが言えます。

 

 

あとはその内容に合わせて
記事タイトルを考えていけば良いワケです。

 

 

だから、
対検索エンジンの仕事であれば
記事タイトルは検索結果から
“逆算”することで、ある程度

 

 

・検索エンジンから評価されやすく
・読みたがっている人のニーズを満たす内容

 

 

が、つけられたりするわけです。

 

 

もちろんこの流れに沿って
上位サイトの真似すりゃOKって
だけではなく、もろもろ
微調整しなきゃいけないこともあるんですが

 

 

「大筋」として

 

 

最適なタイトルを
逆算することは出来るので
変にノウハウ学ぶよりも

 

 

▼地道に逆算して
▼地道にニーズを想像して
▼地道にそれにあったタイトルを付ける

 

 

ってことを繰り返すのが
最適なタイトルづくりへの
一番の近道ですし、

 

 

人にも検索エンジンにも
好まれやすいタイトルが出来るワケです。

 

 

検索エンジンって
いま、ホントに頭いいからね。

でも、頭いいからこそ逆に、
逆算して最適化を考える為に
活用しやすくもなってるんですが。

まぁ上手に考えれば
意外と答えが出ちゃうわけです。

 

 

この辺は、個々人によって
判断基準も違うし、賛否も
分かれるんだろうなーって思ってますので

 

 

・これが100%完璧!

 

 

なんて、
恐れ多いことは言いませんが

 

 

僕はそんな感じで考えてますし、
少なくともそんな感じで考えて
しっかりと成果は出ているんで
僕はそんな感じでやってます。ってお話し。

 

 

「これが100%完璧!」

 

なんて答えはね、
誰にも言えないんだから。

 

 

少なくても自分流の考え方があり、
それで成果が出ていればそれでいいんです。

 

で、

 

 

僕は今回のやり方で取り組んでますよ、

 

 

ってことです。

 

 

で、さらに言えば
その取り組み方でやっている以上
タイトルづくりに結構時間かかるので
今回の

 

 

・5時間51分で35個

 

 

って結果になりましたよ、と。汗

 

 

時間と手間はかかりますが
かなり実用的だとは思ってますので
タイトル作りで悩んでいる方は
ひとつ、参考にしていただければと思います。

 

 

では、今日はこの辺で!

 

 

内山

 

 

P.S

これから人前に立つ
機会も増えるので、
本日髪を切りに行ったのですが
約3ヵ月ぶりに髪切ったもんで
すげースッキリしました。

もっと早くに切っておけばよかった。汗