Pocket

4577_8c49d7b7a94dbf469015aefb9c1ed8d353e0442c

 

こんにちは、内山です。

ここ最近は、外注さんの
募集を活発に行ってたのですが、
そこで感じたことを
備忘録がてら書いてみます。

 

クラウドワークスでの募集が
ここ最近では多かったので、
そのデータの備忘録として。

 

クラウドワークスで
外注募集をされている方は
もしよかったら
参考にしてみて下さいな。

 

そんじゃ、早速!

 

 

◆【備忘録】クラウドワークスの稼働割合と登録数について(主観込み)

 

 

僕の募集は結構人が集まります。

 

【参考】
【本日まで】募集のコツは?外注さんが集まり過ぎて困ってます。汗

 

さて、人が集まるのは
当然のことなんですが、
それ以上に嬉しいのは

 

「楽」であること。

 

 

 

初めての募集をかけるなら
1時間もあれば

 

・募集文作成→募集スタート

まではいけます。

 

その後、個別に
スカウトしていきますが、
それも時間にして
“30分~1時間”くらい。

 

しかもyoutube見ながら
スカウトしています。笑

 

で、スカウト後は放置。

 

数時間もすれば反応が出るので
後は個別に対応して終了。

 

 

これが第一回目。

 

 

スカウトは
30名くらいに送って

 

10名反応

6名確定

4名長期継続

 

だいたいこんな割合。

 

 

続けて2回目の募集。

 

 

1回目の募集で
お集まりいただいた方々にも
諸事情でお仕事の継続が
出来なくなることもあるので
それは致し方ない。

 

個人的にはココの対応が
最も大切だと思ってて、

 

 

・無理に引き止めない

 

これを意識してます。

 

 

とはいえ、

 

本音を言えば居てくれた方が
お仕事的にも助かるし、

 

それ以上に、人としての
「愛着」も沸きますから、

 

本当は居て欲しい、

 

でも、無理させるのは
双方にとって良くないので
ここはすっきりとお別れ。

 

 

ってことで欠員補充。

 

 

 

1回目で人を集めているので
その内容をそのまま活用して
外注さんの再募集を開始!

 

1回目と後の流れは同じですが
1回目と大きく違うのは

 

 

===============================
2回目の募集時には
1回目の募集時に声をかけた人に
再度お声がけする(スカウト)
===============================

 

というケースが
考えられるということ。

 

 

つまり、スカウトするにも

 

「初めまして~」

 

の挨拶から入るのは
ちょっと違うよね?ってこと。

 

なので1回目で
スカウト送った人の
送信履歴を確認して

 

・はじめましての人
・2回目の人

 

この確認をして、
人によって挨拶を少し変える。

 

なので、1回目よりも
スカウトにひと手間掛かる。

 

相手からすれば
日々、スカウト連絡は
色々な人から届いている
可能性があるので

 

この考えはもしかしたら
考えすぎかもしれないけれど
一応、僕はこの点を意識する。

 

2回目は100名+αほど
スカウトを送る。

 

募集期日内に10名契約

内5名前後のキャンセル

確定は5名

 

上記の契約とは別に
候補者の割合として。

 

条件面(お金と納期)で
お互いに折り合わず断念した
「契約者候補」が5名ほど。

今後の候補①

 

 

上記とは逆で

条件OKで興味・関心度が高い人。
こちらも5名前後は集まるが
直近スケジュールがで忙しいので
泣く泣く断念。

今後の候補②

 

 

契約期限が過ぎた後に
遅れて契約希望の連絡を
いただける方が5名ほど。

契約確定

 

 

2回目はざっくりこんな感じ。

 

 

作業にして募集に1~2時間。

 

 

1回目でスカウト送った人の
送信履歴を確認して

 

 

・はじめましての人
・2回目の人

 

この区分けをする分、
スカウト対応の時間が増える。

 

でも、youtube見ながらの対応で
十分にできました。笑

 

 

で、ここから思うに
100名中10名は契約できるので
割合としては

 

・10%の確定率の採用方法

 

ということになる。

 

これが多いか少ないかは
人によりますが、

 

 

・募集方法が楽
・募集までに費やす時間が1、2時間以内

これらを考えると、

 

・かなりコスパの高い採用手法

 

と言える。

 

 

スカウト人数を下げれば
もっと時間短縮も出来ますし。

 

また、

 

 

採用人数(キャンセル数含む)
+
候補数
+
遅れて契約人数

25名ほど

 

 

全体が100名として
残り75名が全て
無視&キャンセル人間か?と考えた時に
クラウドワークスに登録しているけど

 

・登録しているだけで稼働していない

 

タイプが大半だと思うので
恐らくは75名中40~50名は
そんな人だと思う。

 

 

ってなると
実質の稼働割合で

 

 

100名中50名くらい

50名中→25名が動き出す

25名中→10名は採用

 

 

となると

 

10/50=20%の採用手法

 

 

今後の候補10名前後も加えると

20/50=40%

 

 

・40%の人間を動かす外注募集方法

 

 

 

とも言える。

しかも実質1、2時間の作業。

 

 

 

==============================

Youtube見ながら簡単募集!

1、2時間の作業で
「実質4割」の人を動かす
外注募集方法マニュアル

==============================

 

なんてタイトルつけたら
なんか売れそうな気がする。笑

 

 

・・・という冗談はさておき
なかなか精度の高い方法だな、と。

 

十分に人が集まっているから
やろうとも思ってないですが
ランサーズとかシュフティなど

 

 

別のクラウドサービスでも
同様に活用できる手法なので
再現性も高いのもいいところ。

 

 

なもんで、
別ジャンルでも試してみて
そちらの再現性も今後は確認して
より精度の高い暮秋方法を
確立していこうと思います。

 

 

以上、備忘録でした。

 

本当にただの
個人的な備忘録に
なっちゃったので

 

興味ない人は
完全に置いてけぼり系。汗

 

お詫びに明日はメルマガ読者限定ですが

 

【実録】作って3ヵ月でOK!
一気に“圏外→7位”へ
上位表示させたアフィリサイトの
SEO対策の特徴

 

 

というテーマで
『超』実務的なことを
書いてみたいと思います。

 

ただ、明日は朝から
終日予定入っちゃてるので
万が一書けなかったら
週明けになると思ってください。汗

 

 

では、今日はこの辺で!

 

 

内山